薬理

薬剤師国家試験 薬学 単シナプス反射 多シナプス反射 中枢性筋弛緩薬

中枢神経

中枢系筋弛緩薬の解説:単シナプス反射・多シナプス反射とは?

2021/5/14  

勉強のポイント この分野はしっかりやろうとすると解剖学の細かいところまで見ないといけないので、ポイントだけさらって点数を取るのが効率的です。 ポイントは3つ 中枢性筋弛緩薬の作用点 単シナプス反射・多 ...

炎症・アレルギーの薬

免疫抑制薬は大きく分けて3つ!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

2021/5/14  

という方は多いはず。 私も国家試験の勉強中はなんとなく毛嫌いしてました。 しかし、まとめてみると以外にさっぱりしてます。 タイトル通り大きく分けて3つです。(最後はその他にくくっているのはご勘弁) 核 ...

免疫系の疾患 薬理

後天性免疫不全症候群(エイズ)を簡単に解説【薬剤師国家試験】

2021/5/15  

後天性後天性免疫不全症候群(エイズ)とは??  後天性免疫不全症候群(AIDS)はヒト免疫ウイルス(HIV)の感染によりCD4陽性T細胞が減り、細胞免疫不全を起こすことで日和見感染や脳症などを起こすも ...

緑内障 治療薬 薬理 画像

感覚器系の疾患 感覚器の薬

緑内障は眼房水の動きに注目!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

2021/5/15  

勉強のポイント 緑内障は眼房水の産生抑制、流出促進させることが治療になります。 使用薬剤がどちらの薬理作用を示すのかを整理しながら学びましょう。 病態は開放型と閉鎖型の違いを確認していきましょう。 & ...

免疫系の疾患 炎症・アレルギーの薬

抗アレルギー薬:ポイントは効く場所からの適応疾患【薬剤師国家試験】

2021/5/15  

  動画でも解説しています。 アレルギー疾患(Ⅰ型)の勉強のポイントは3ステップ 薬の機序で分類 どの物質(ヒスタミンなど)に、効くのか? 受容体を遮断か、遊離抑制なのか 機序の分類ごとに適 ...

免疫系の疾患 炎症・アレルギーの薬

抗ヒスタミン薬を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

2021/5/15  

動画で10分ほどで解説しています。 抗ヒスタミン薬の勉強のポイント 抗ヒスタミン薬は第1世代、第2世代に分かれています。 第1世代は、抗ヒスタミン作用のみ。 第2世代は第1世代の改良版。 抗コリン作用 ...

まとめページ 病態 勉強法

病態のマインドマップのまとめ

2020/6/21  

ダウンロードはこちら みなさんこんにちは。 病態分野を1つのPDFにまとめました。 note(ノート)「病態のマインドマップまとめ」公開しました。|トンキチ|notehttps://note.mu/y ...

まとめページ 感染症の薬

抗菌薬の全体像を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

2021/5/15  

抗菌薬の全体像pdf 菌の構造をまずみてください。 外側に細胞壁、その内側に細胞膜、細胞の中にはタンパク質・DNA・核酸などの生体内合成物質があります。 それらを阻害すれば最近の増殖を抑えられます。 ...

no image

感染症の薬

抗菌薬>生体内合成物質の阻害【薬剤師国家試験】

2021/5/15  

抗菌薬生体内合成物質阻害系pdf 生体内で使う物質の生合成を阻害して細菌の合成を抑えます。それには、3つの方法があります。 タンパク質の合成を阻害する 葉酸合成を阻害する 核酸合成を阻害する 1.タン ...

感染症の薬

抗菌薬>タンパク合成阻害系を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

2021/5/15  

  抗菌薬 タンパク合成阻害pdf タンパク合成をする細胞小器官はリボソームですが、細菌と真核生物ではリボソームは異なっています。細菌の場合はリボソームのサイズが30sと50sです。そこを狙 ...

© 2021 マインドマップ薬学 Powered by AFFINGER5