勉強法

マインドマップを利用した薬学の勉強法

マインドマップて一体何??
どうやって勉強で使えるの??
薬剤師国家試験にはどう役立つの??

そんな人向けの記事です。

当ブログはマインドマップを活用して各分野をまとめています。

マインドマップの使い方を理解し、より理解を深めることができますよ!!

マインドマップとは

マインドマップは思考ツールの一つです。

物事を何か理解したいときに、人はいろんなことを関連付けてインプットします。

大きな枠組みから細かいことをつなげていくことで書き終わったときには全体が見えてきます。

こんな感じです↓

マインドマップの書き方 薬剤師国家試験 勉強法 効率的

なぜ薬剤師国家試験と相性がいいのか?

  • 教科書の内容を必要なところだけ絞り込める
    →膨大な青本のなかで大切なところは少しだけ。
  • 薬学(薬理など)はそもそも体系化されている学問
    →知らない薬があっても近い分類に付け足せばいい。

作り方

中心に主題を書いて書き始めます。そこから外に向かってキーワードを書き足していきます。
考案者のトニー・ブザンが使い方、作り方を説明していますので興味がある方は下の本を参考にしてみてください。

 

PDFにまとめました!!

薬理分野70枚と病態分野70枚のマインドマップをそれぞれ1つのPDFにまとめました。

知識の最終チェックにお役立て下さい。

スマホやタブレットなどに入れられるので、国試本番や移動中にも使いやすいです。

https://note.mu/yakugaku_gokakuのURLからダウンロード可能です。

-勉強法

© 2020 マインドマップ薬学 Powered by AFFINGER5