新着記事

薬剤師国家試験 第Ⅰ相反応 酸化 P450 CYP 水酸化

衛生 化学物質の影響

2020/9/4

第1相反応 CYPによる酸化

この記事では第Ⅰ相反応のCYPによる酸化をまとめます。 細かい化学反応式は覚えなくても、こういう物質がCYPで酸化を受けやすいとおぼえておけばOKです。 マインドマップで体系的におぼえましょう!! 端っこのCは酸化されやすい まず端っこの炭素(C)は酸化されやすいことを知っておきましょう。 上の図のようにそれぞれ第1級アルコール、第2級アルコールができます。   アリル位と、ベンジル位の炭素(C)も酸化されやすいです。   アルキル基の酸化  NやOを持つアルキル基は脱アルキル化を受け ...

ReadMore

薬剤師国家試験 代謝 第Ⅰ相反応 脱ハロゲン化 腸内細菌 加水分解 アルコール代謝

衛生 化学物質の影響

2020/9/2

第1相反応

 

ReadMore

薬剤師国家試験 女性ホルモン エストロゲン プロゲステロン 卵胞 黄体 LHサージ 月経 生理

生物 器官の構造と機能

2020/8/31

女性ホルモンと月経周期

この記事では女性ホルモンの作用と周期を簡単に説明します。 エストロゲンとプロゲステロンの働き、ホルモン量の変化がポイントですよ!   卵胞ホルモン  卵胞ホルモンは複数あります。 主要ものに エストラジオール エストロン エストリオール があります。 エストロゲンの活性の強さは   エストラジオールの活性が一番強いと押さえておきましょう   卵胞ホルモンは卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の刺激を受けて、成熟卵胞で産生されます。 黄体からも分泌されます。 作 ...

ReadMore

薬剤師国家試験 骨代謝 骨リモデリング 骨吸収 骨形成 破骨細胞 骨芽細胞

器官の構造と機能

2020/8/28

骨の構造と骨のリモデリング

 

ReadMore

薬剤師国家試験 胸管 右リンパ本幹 リンパ液  

器官の構造と機能

2020/8/26

リンパ系:免疫系の基礎!リンパ循環は絶対に覚える

  リンパ系とは簡単に言えば免疫に関わる生体系です。 この記事ではリンパ系の大まかな概要をまとめます。 詳しい免疫応答(細胞性免疫や体液性免疫)は別の記事でまとめます。 リンパ組織とリンパ循環をマインドマップで整理していきましょう!   リンパ器官 リンパ器官は1次リンパ器官、2次リンパ器官に分けられます。   1次リンパ器官 1次リンパ器官はリンパ球の発生、分化、成熟の場です。 赤色骨髄や胸腺が該当します。 成熟したリンパ球は血液循環によって2次リンパ器官へ行きます。 &n ...

ReadMore

 

おすすめ記事

 

© 2020 マインドマップ薬学 Powered by AFFINGER5