暗記の仕方

      2018/06/14

理解できないと暗記できない?

理解ができていないものを暗記することはできません。意味不明なものは不要だと脳が判断し、記憶から消去されてしまいます。

そのため遠回りに見えますが、丸暗記よりも理解を挟んだほうが記憶の定着がよくなり、国家試験の対策として効果が高いです。

最後の最後は暗記ですが、どこの何を覚えたかは身についているので、思い出すのが楽になります。

暗記までの道のり

では、暗記までの道のりを見てみましょう。

暗記のフローチャート

まず、覚えようとしている分野を理解します。このとき、ストーリーを組み立てて理解するといいでしょう。

次に暗記の準備として、どこの部分を覚えるかを意識してゴロを作ります。

最後に、覚えているかどうかの確認として、

空で言えるか

白紙に書き出せるかを試します。

中学の定期試験とかで何回もノートを見返しても簡単なところが抜けていたことってないですか?

それはわかっているものだとして勝手にスルーしてしまっているからです。何回も見るよりも、一回紙に書き出せるかを試したほうが記憶の定着は強くなり、覚えているかどうかも確かめられます。

具体的に消化性潰瘍を使って動画の中で「理解~暗記+確認」の流れを実演しているので、見てみてください。

消化性潰瘍治療薬マインドマップ

消化性潰瘍.pdf

 - 勉強法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。