薬理、病態

免疫系の疾患 薬理

後天性免疫不全症候群(エイズ)を簡単に解説【薬剤師国家試験】

Contents後天性後天性免疫不全症候群(エイズ)とは??HIVとは??HIVの感染、増殖経過急性感染期無症候期AIDS発症治療はHAARTCCR5阻害薬逆転写酵素阻害薬HIVプロテアーゼ阻害薬イン ...

マインドマップ リウマチ 薬理 国家試験 病態 DMARDs 生物学的製剤

薬理

リウマチの薬理を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contentsリウマチの薬物治療DMARDs金製剤金チオリンゴ酸NaオーラノフィンSH含有製剤免疫抑制薬メトトレキサートレフルミドその他アクリタットサラゾスルファピリジンイグラチモド生物学的製剤イン ...

肺がん 病態 マインドマップ 治療 薬理 国家試験

薬理

肺がんは分類が大切!分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

肺がんは男女ともに年齢調整死亡率が上昇している疾患です。特に40歳以上の男性に多い疾患です。原因は喫煙やアスベストなどの化学物質があります。 治療は肺がんの種類によってかわってくるので、分類ごとに特徴 ...

末梢神経系全体像

末梢神経

末梢神経系の全体像を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

今回は末梢神経系のポイントについてまとめていきます。 Contents末梢神経とはこの分野を勉強するときのポイントは? 末梢神経とは 神経系は脳や脊髄からなる中枢神経とそこから伸びてきた末梢神経から構 ...

自律神経系のマインドマップ

末梢神経

自律神経系を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  今回は自律神経系について学んできます。 Contents自律神経系の構成交感神経系副交感神経系ACh作動薬抗コリン薬自律神経節終わりに 自律神経系の構成 自律神経系は主に2つから成り立っ ...

片頭痛の発生機序

神経・筋の疾患 末梢神経 中枢神経

片頭痛を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contentsはじめに片頭痛の発生機序と誘発因子発生機序血管仮説前兆期急性期三叉神経仮説片頭痛の誘発因子薬物治療予防薬発作抑制薬前兆期急性期片頭痛マインドマップpdf はじめに 片頭痛は成人の8%が ...

全身麻酔のマインドマップ

中枢神経

全身麻酔を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

今回は中枢神経系に作用する薬のうち、全身麻酔についてまとめていきます。 Contentsここでのゴールは2つ①効く順序の理解効く順序脳の部位の覚え方②吸入麻酔薬指標効く速さの指標:血液/ガス分配係数麻 ...

てんかんの作用機序

中枢神経

てんかんはこの図がかければ終了です!【薬剤師国家試験】

Contents図で覚えるのがキモ!最終目標覚える順番、3ステップ1.てんかん薬の作用点2.作用点と薬名の組み合わせ脳細胞側図上の神経に効く薬①全ての発作に効く薬②強直間体、部分発作に効く薬③欠神発作 ...

ベンゾジアゼピン系薬の機序

中枢神経

催眠薬を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents催眠薬の基本はベンゾジアゼピン(BZ)系で学べBZ系の作用機序BZ系薬の特徴薬の特徴作用時間別での分類副作用長時間型短時間型併用禁忌中毒時の処置バルビツール酸系機序問題点中毒時の処置ゴ ...

パーキンソン原因

神経・筋の疾患 中枢神経

パーキンソン病を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

    Contents勉強の順序は、病態理解→作用機序で!病態(パーキンソン病の原因)GABA作動性神経の詳細疾病の始まり薬の作用機序症状治療 勉強の順序は、病態理解→作用機序で ...

アルツハイマーの病態

神経・筋の疾患 中枢神経

アルツハイマーを分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイント病態脳全体が萎縮脳細胞症状中核症状周辺症状アルツハイマー薬の作用機序作用点AChを増やす薬ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミンNMDA受容体遮断薬 メマンチン 勉強の ...

no image

まとめページ 中枢神経

中枢神経系疾患まとめを分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

てんかん、パーキンソン病、アルツハイマーがこの分類に含まれます。 精神疾患は症状からアプローチするのに対し、 中枢神経系疾患は神経学から発展しました。   てんかん マインドマップ薬学てんか ...

モルヒネ作用点

中枢神経

オピオイド系鎮痛薬を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents麻薬?非麻薬?麻薬性鎮痛薬モルヒネの作用点モルヒネの作用、副作用中枢系の抑制中枢系の興奮末梢非麻薬性鎮痛薬トラマドール麻薬拮抗性鎮痛薬その他麻薬拮抗薬鎮痛補助薬マインドマップのPDF ...

薬剤師国家試験 薬学 単シナプス反射 多シナプス反射 中枢性筋弛緩薬

中枢神経

中枢系筋弛緩薬の解説:単シナプス反射・多シナプス反射とは?

Contents勉強のポイント中枢性筋弛緩薬って何?大まかな作用は?作用機序の分類と薬用語説明:単シナプス反射、多シナプス反射とは?多シナプス反射のみ阻害する薬両方阻害する薬:単シナプス反射+多シナプ ...

中枢神経

脳循環改善薬、中枢興奮薬の薬理を簡単に解説【薬剤師国家試験】

体系的に組み込みにくいその他の薬です。 英単語の暗記のように1対1対応で覚えてください。 その他ではありますが、このマインドマップにまとめてある薬は薬剤師国家試験にちょくちょく出ます。 この記事では、 ...

知覚神経のマインドマップ

体性神経

知覚神経(局所麻酔薬)を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

体性神経>知覚神経のマインドマップ 今回は知覚神経のお話です。知覚神経を抑える薬が局所麻酔薬です。 Contents目標①局所麻酔薬の効き方②結合の形(エステル型orアミド型)③適用箇所(表面or浸潤 ...

筋弛緩薬のマインドマップ

体性神経

運動神経(筋弛緩薬)を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

筋弛緩薬のマインドマップ 今回は体性神経の中の運動神経をブロックする筋弛緩薬をまとめていきます。 Contents目標①ブロックする場所とその薬②Nm受容体の競合阻害薬と非競合阻害薬の違い競合阻害薬  ...

no image

体性神経 まとめページ

体性神経系の大枠はこれ!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

体性神経系は知覚神経と運動神経に分類されます。 Contents知覚神経をブロック→局所麻酔薬運動神経をブロック→筋弛緩薬 知覚神経をブロック→局所麻酔薬 マインドマップ薬学体性神経系>知覚神経(局所 ...

血液サラサラ系全体像マインドマップ

まとめページ 血液サラサラ系の薬

血液サラサラ系の全体像と勉強のポイント【薬剤師国家試験】

血液サラサラ系全体像pdf ワーファリンとかアスピリンとか、俗にいう血液サラサラ系の薬って薬の数も作用点も多いし、とにかくわかりにくい!と思っている方も多いですよね。 順序良く理解すると思ったよりも簡 ...

まとめページ 感染症の薬

抗菌薬の全体像を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

抗菌薬の全体像pdf 菌の構造をまずみてください。 外側に細胞壁、その内側に細胞膜、細胞の中にはタンパク質・DNA・核酸などの生体内合成物質があります。 それらを阻害すれば最近の増殖を抑えられます。 ...

まとめページ 病態 勉強法

病態のマインドマップのまとめ

Contentsダウンロードはこちら中身はこんな感じこちらも併せてご利用ください ダウンロードはこちら みなさんこんにちは。 病態分野を1つのPDFにまとめました。 note(ノート)「病態のマインド ...

統合失調症GIF

精神疾患の薬 精神疾患

統合失調症を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents概要病態症状 陽性症状/陰性症状原因治療薬定型フェノチアジン系ブチルフェノン系その他:スルピリド非定型多元受容体遮断薬SDAMARTAドパミン調節薬 概要 統合失調症の主要な原因と薬を ...

精神疾患の薬 精神疾患

うつ病(気分障害)を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  Contents病態抗うつ薬概要:世代を追うべし全般的な副作用第一世代第二世代新規抗うつ薬SSRIゴロパロキセチンの作用機序SNRINaSSAまとめうつ病のマインドマップpdf版 病態 ...

no image

精神疾患の薬

抗不安薬を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

抗不安薬は簡単です。 不安がいっぱいな状態では、セロトニン神経が活発になっているので、 脳全体を沈静化させるBZの系か、 5-HT1刺激薬のタンドスピロンを使います。   セロトニン受容体は ...

循環器の薬系 循環器系疾患

高血圧治療薬 系統ごとの関係を簡単に解説【薬剤師国家試験】

高血圧マインドマップpdf Contents高血圧治療薬の勉強の手順まずは交感神経系!交感神経系の降圧薬α₁受容体遮断薬β受容体遮断薬α₂受容体刺激薬レニン・アンジオテンシン系レニン・アンジオテンシン ...

循環器の薬系 循環器系疾患

抗不整脈薬の勉強法を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイント!クラス分類Ⅰ~ⅣクラスⅠ心筋興奮のイオンの動きクラスⅠ薬 使用時の膜電位の動きゴロ暗記ⅠaⅠbⅠcクラスⅡクラスⅢクラスⅣマインドマップpdf 勉強のポイント! 不整脈 ...

no image

循環器の薬系 循環器系疾患

虚血性心疾患:心筋梗塞、狭心症の違いはこれだけ【薬剤師国家試験】

  虚血性心疾患pdf Contents勉強の進め方まず冠血管の構造狭心症発作時には硝酸薬を二種類の狭心症労作性狭心症β遮断薬安静型狭心症心筋梗塞発症の流れ急性期の症状慢性期(再発予防)基本 ...

心不全 全体像

循環器の薬系 循環器系疾患

心不全は悪循環を断て!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  心不全pdf Contents心不全の勉強のポイント悪循環青のループ:後負荷赤のループ:前負荷症状薬強心薬系ジギタリス系β刺激、PDE阻害薬など心負荷軽減薬利尿薬系ペプチド製剤硝酸薬AC ...

利尿薬の動き

泌尿器の薬

利尿薬は図で覚える!を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

利尿薬pdf Contents勉強のポイント尿細管の構造尿細管利尿薬炭酸脱水素酵素阻害薬ループ系チアジド系カリウム保持性利尿薬Naチャネル遮断薬抗アルドステロン薬薬理作用薬バソプレシン受容体遮断薬AN ...

泌尿器の薬 腎・泌尿器系疾患

苦手な人でも3分で分る!排尿障害と頻尿は対比で理解【薬剤師国家試験】

そんな人向けの記事です。   この分野は自律神経系(交感神経、副交感神経)の作用がわかっていれば楽勝です。 なんの受容体がどこに付いているかを図で理解するだけです。   例えば、「 ...

呼吸器の薬系

呼吸興奮薬/鎮咳去痰薬を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

呼吸興奮薬、鎮咳去痰薬pdf 呼吸器系では呼吸興奮薬、鎮咳去痰薬、気管支喘息を扱います。言うまでもなく気管支喘息が呼吸器系のメインどころです。 しかし、今回扱う呼吸興奮薬、鎮咳去痰薬もかなり出ますので ...

呼吸器の薬系 呼吸器系疾患

気管支喘息は病態から!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  気管支喘息pdf Contents病態の本で勉強しましょう気管支喘息とは悪化の流れ分類誘引での分類外因型内因型時間での分類検査呼吸機能検査薬発作時短時間作用型β₂刺激薬(吸入)長期管理ス ...

消化器の薬 消化器系疾患

消化性潰瘍は攻撃と防御のせめぎ合い【薬剤師国家試験】

消化性潰瘍pdf Contents全体像攻撃系抑制分泌機構ガストリンとヒスタミンの分泌攻撃抑制系の薬PPI(プロトンポンプ インヒビター)ガストリン系H₂ブロッカー抗コリン制酸薬その他:抗ペプシン、異 ...

消化器の薬

制吐薬:嘔吐中枢を制圧せよ!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

制吐薬pdf Contents嘔吐の原因は中枢か末梢か?制吐薬中枢性制吐薬大脳を抑制する薬三半規管CTZ(化学受容器)混合型末梢性制吐薬 嘔吐の原因は中枢か末梢か? 嘔吐は、中枢が刺激されて吐き気をも ...

消化器の薬

止瀉薬、緩下薬 を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

下剤、下痢止めのマインドマップ Contents下剤物理的刺激化学的刺激小腸に作用する薬大腸に作用する薬浸透圧性その他(ルビプロストン)下痢止め(止瀉薬)腸運動抑制収斂抑制殺菌性止瀉調整:ポリカルボフ ...

no image

消化器の薬

胆嚢系疾患は時短で終わらせる【薬剤師国家試験】

胆嚢疾患pdf 膵臓、胆嚢系疾患はぱっと終わらせましょう。 今回は胆石、胆嚢炎・胆管炎を扱います。 この分野は消化器系のその他の分野で、出題頻度は高くないです。 試験勉強、全般に言えることですが、勉強 ...

no image

消化器の薬

膵臓の疾患は時短で終わらせる【薬剤師国家試験】

すい臓系疾患pdf 急性膵炎、慢性膵炎、膵臓ガンを扱います。 国試には、あんまり出ないんでキーワードを抑えていきましょう。 Contents急性膵炎機序治療薬鎮痛薬タンパク質分解酵素阻害薬胃酸分泌抑制 ...

脂質異常症全体像

代謝の薬

脂質異常症を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  脂質異常症pdf ContentsはじめにChoの供給源コレステロールの体内旅路悪玉、善玉、中性脂肪?治療薬コレステロール↓系スタチン系コレステロール異化促進薬吸収阻害薬陰イオン交換樹脂 ...

高尿酸血症のマインドマップ

代謝の薬

高尿酸血症はコスパがいい!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

高尿酸血症pdf 患者が多いせいか、高尿酸血症は簡単な割によく出ます。 また、生物の核酸の分野と関係のある分野なので、それを意識して勉強すると生物で核酸を勉強するときに馴染みやすくなります。 では、生 ...

代謝の薬

骨粗鬆症:骨を支配しているのはホルモンです!【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイント治療薬ホルモン系エストロゲン薬パラトルモンvsカルシトニンカルシトニン系の薬パラトルモン系の薬ビタミン系ビタミンDビタミンK破骨細胞抑制系(ビスホス系、テリパラチド)ビス ...

no image

代謝の薬

糖尿病 前半 分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  糖尿病 概要 pdf Contents勉強のポイント診断基準合併症合併症の治療薬神経症:しびれ腎症糖尿病薬治療薬経口糖尿病薬インスリン分泌の流れ 勉強のポイント 糖尿病は、病態分野も薬理 ...

糖尿病治療薬の全体像

代謝の薬

糖尿病 後半(経口糖尿病治療薬)【薬剤師国家試験】

  糖尿病治療薬pdf マインドマップ薬学糖尿病 前半 分かりやすく解説【薬剤師国家試験】https://yakugaku-gokaku.com/post-883 糖尿病 概要 p ...

血液サラサラ系二次止血と薬、作用点と流れ

血液サラサラ系の薬

二次止血と薬 ワーファリン、ヘパリンなど薬剤師国家試験】

  二次止血pdf Contents二次止血の解説凝固系線溶系抗凝固薬:凝固系の抑制薬ビタミンKの阻害組織トロンボプラスチン(Xa因子)の阻害アンチトロンビンの活性化抗トロンビン薬線溶系を活 ...

血液サラサラ系の薬

一次止血と薬 アスピリン、チクロピジンなど【薬剤師国家試験】

  血小板凝集抑制薬pdf Contents動画で解説一次止血の位置づけ血小板凝集抑制薬の全体像Gs共役型:A₂、PGI₂PGI₂受容体A₂受容体刺激薬Gi共役型その他:PDE阻害薬Gq共役 ...

感染症の薬

抗菌薬>細胞壁阻害系を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  抗菌薬 細胞壁合成阻害pdf Contents細胞壁合成阻害する抗菌薬の全体像βラクタム系ペニシリン系③胃酸で分解されない薬の開発②ペニシリナーゼ抵抗性の薬の開発①スペクトラム広い薬の開 ...

感染症の薬

抗菌薬>タンパク合成阻害系を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  抗菌薬 タンパク合成阻害pdf タンパク合成をする細胞小器官はリボソームですが、細菌と真核生物ではリボソームは異なっています。細菌の場合はリボソームのサイズが30sと50sです。そこを狙 ...

感染症の薬

抗真菌薬を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  抗真菌薬は、作用点も薬の種類も少ないのでちゃちゃっと終わらせましょう。 薬と作用点が少ない理由は、真菌と人間は共に真核生物で、細菌と違いそこまで大きな違いがないからです。 下の図をかける ...

no image

感染症の薬

抗菌薬>生体内合成物質の阻害【薬剤師国家試験】

抗菌薬生体内合成物質阻害系pdf 生体内で使う物質の生合成を阻害して細菌の合成を抑えます。それには、3つの方法があります。 タンパク質の合成を阻害する 葉酸合成を阻害する 核酸合成を阻害する 1.タン ...

腎・泌尿器系疾患

腎臓の病態は腎臓の機能を理解しよう!【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイント腎臓の機能とは??検査は? 勉強のポイント 腎臓の病気は、まずは腎臓自体の機能を知ることが大切です。 腎臓は人間の臓器の中でも非常に重要な役割をしており、他の病態、分野で ...

腎前性腎性違いマインドマップ

腎・泌尿器系疾患

急性腎不全:腎前性、腎性、腎後性は障害場所と機能を紐付けて!

Contents勉強のポイント急性腎不全とは??腎前性腎性腎後性症状は?腎前性、腎性の違いは??腎前性腎性薬物治療は??体液貯留高K血症高リン血症まとめ 勉強のポイント 腎不全は急性、慢性に分けて考え ...

腎・泌尿器系疾患

ネフローゼ症候群を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

   

腎・泌尿器系疾患

慢性腎不全の病態:急性腎不全との違いは?薬剤師国家試験】

 

腎・泌尿器系疾患

急性糸球体腎炎は3型アレルギー!簡単に解説【薬剤師国家試験】

 

腎・泌尿器系疾患

尿路感染症を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

  Contents尿路感染症とは??分類単純性尿路感染症複雑性尿路感染症症状腎盂腎炎膀胱炎検査治療 尿路感染症とは??   尿路感染症は女性に多く発症します。理由は、尿道口と肛門の位置が近 ...

尿路結石 マインドマップ 病態

腎・泌尿器系疾患

尿路結石の病態と治療を簡単に解説【薬剤師国家試験はこれでOK】

Contents尿路結石の病態と治療を簡単に解説結石の種類による分類シュウ酸カルシウム結石リン酸Mgアンモニウム結石尿酸結石検査治療 尿路結石の病態と治療を簡単に解説 尿路結石は腎臓から尿道(尿路)に ...

薬理学の概要説明のマインドマップ

薬の作用機序、受容体 勉強法

薬理の全体像

薬理 概要説明pdf   各分野のマインドマップのまとめをhttps://note.mu/yakugaku_gokakuに作りました。 まとめ記事は有料となりますがマインドマップでまとまった ...

薬の作用機序のマインドマップ

薬の作用機序、受容体

pD₂、pA₂、pD’₂の違いを分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

 

薬の作用機序、受容体

受容体を制すは薬理を制す!ゴロで効率的に【薬剤師国家試験対策】

この記事では各受容体を分類しながら、作用と覚え方をセットで解説します。   この受容体の働きを理解すれば確実に薬理で得点UPできますよ! なぜなら薬理では受容体自体の動きや、各論の薬と絡めて ...

呼吸器系疾患

COPDは病態が大切!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  ContentsCOPDとは??ポイントは不可逆肺気腫は壁の崩壊慢性気管支炎は線毛消失検査は肺の形に着目治療 ファーストラインは抗コリン薬COPDは喘息との比較が大切です。 COPDとは ...

呼吸器系疾患

間質性肺炎は原因と検査をおさえる【薬剤師国家試験】

Contents間質性肺炎とは?原因薬物はゴロで覚える検査治療はステロイド他の呼吸器系の疾患はこちらへ 間質性肺炎とは?  間質性肺炎は、間質(肺胞隔壁など)が炎症し、線維化する病態です。 肺胞の壁の ...

呼吸器系疾患

結核 基本は多剤併用!を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイント感染経路は飛沫核感染検査は結核菌がいるかが大事!ツベルクリン反応塗沫染色検査治療は多剤併用とDOTSが大切多剤併用イソニアジドリファンピシンストレプトマイシンエタンブトー ...

no image

呼吸器系疾患

ウイルス性、真菌性肺炎を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  Contents勉強のポイントウイルス性肺炎サイトメガロ肺炎の治療は?真菌性肺炎とは?真菌性肺炎の薬物治療は?ポリエン系アゾール系ミカファンギン 勉強のポイント ウイルス性、真菌性肺炎は ...

ゴロ 細菌性肺炎 MRSA

呼吸器系疾患

細菌性肺炎 薬はゴロで覚える!簡単に解説【薬剤師国家試験】

    Contents  勉強のポイント肺炎球菌性ブドウ球菌性緑膿菌性レジオネラマイコプラズマクラミジアリケッチア   勉強のポイント 細菌性肺炎は、様々な原因菌により引き起こさ ...

生殖器系疾患

前立腺肥大症の病態を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contentsはじめに前立腺肥大症とは病期検査薬物治療 はじめに 前立腺肥大症の勉強のポイントは 前立腺がんとの見分け方 治療(尿を出しやすくする) の二つです。 男性ホルモンが関わっているので抗ア ...

no image

消化器系疾患

腸炎:クローン病vs潰瘍性大腸炎+過敏性腸症候群【薬剤師国家試験】

  腸系pdf Contents概要クローン病vs潰瘍性大腸炎原因部位治療薬物治療サラゾスルファピリジンとメサラジンの関係過敏性腸症候群 概要 今回は、感染症ではないのに腹痛や下痢の症状が起 ...

消化器系疾患

肝硬変を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  Contents肝硬変のポイント症状肝細胞障害門脈圧亢進評価はChild-Pugh分類で治療食事療法薬物療法(肝性脳症に)アンモニア生成抑制フィッシャー比の立て直し 肝硬変のポイント 症 ...

消化器系疾患

肝炎ウイルスを分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

  肝炎マインドマップ PDF ContentsはじめにA型肝炎感染経路ウイルスマーカーB型肝炎感染経路ウイルスマーカー薬C型肝炎IFNと併用IFN不要な薬 はじめに 今回はA,B,C型肝炎 ...

肝胆膵の位置関係

消化器系疾患

中~低頻出の消化器疾患を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

そんなに出題頻度が高くない分野をまとめました。 胆嚢系 膵臓系 その他(機能性ディスペプシア、偽膜性大腸炎、虫垂炎) 低頻出の消化器系pdf これらの分野は肝臓とか胃潰瘍などと違ってあまり出ないので、 ...

神経・筋の疾患

脳内出血 VS くも膜下出血の対比で簡単に解説【薬剤師国家試験】

Contents脳出血の種類と違い脳内出血原因は高血圧診断はCTが有効症状と出血場所治療:薬物治療がメイン薬物治療くも膜下出血原因は動脈瘤診断はCTが有効症状治療:まず手術→補助で薬 脳出血の種類と違 ...

神経・筋の疾患

脳梗塞を血栓生成~薬までをわかりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents脳梗塞の勉強法まず分類太さで分類血栓の生成場所の違い:心原性脳塞栓症 VS アテローム血栓性脳梗塞治療アテローム血栓性脳梗塞急性期慢性期心原性脳梗塞急性期慢性期 脳梗塞の勉強法 脳梗塞 ...

no image

血液系の疾患

出血しやすい疾患の全体像:血友病、紫斑病、DIC【薬剤師国家試験】

Contents止血の流れをまず知ろう検査項目各疾患はこちらから御覧ください 止血の流れをまず知ろう 血液サラサラ系↓で学んだ止血の流れがわかっていれば、 こちらもCHECK 出血しやすい疾患(血友病 ...

血液系の疾患

血友病はフィブリン血栓ができにくい劣性遺伝!【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイント止血の流れの障害箇所ということは検査は?血友病AとB治療はの基本は足りないものを補うだけ原因は劣勢遺伝 勉強のポイント 血友病を一言で表すと 「劣性遺伝でフィブリン血栓が ...

紫斑病は抗血小板抗体のアレルギー

血液系の疾患

紫斑病は血小板血栓の障害!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents全体像紫斑病の原因と検査検査紫斑病の分類:先天性or後天性特発性紫斑病血栓性紫斑病 全体像 紫斑病は一次止血(血小板血栓)に問題がある疾患です。 血小板に自分の抗体が攻撃し、血小板が減 ...

血液系の疾患

DICは血液サラサラ系の総集編!止血の流れを追う【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイントDICってどんな病気?発症の流れ検査項目ほ変動原因疾患は?治療 勉強のポイント DICは出血しやすい疾患の総集編のような複雑な疾患ですが、止血の流れがわかっていれば流れを ...

アジソン病 病態 マインドマップ

内分泌系疾患 ホルモン系疾患

アジソン病の病態を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contentsアジソン病とは?症状は?検査は??治療は?? アジソン病とは? アジソン病は副腎皮質の病変などにより副腎皮質ホルモンの産生が低下する病気です。 球状層:鉱質ホルモン 束状層:糖質ホルモ ...

甲状腺ホルモン生合成 マインドマップ 病態

内分泌系疾患 生物

甲状腺ホルモンの作用と生合成を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイント甲状腺の構造甲状腺ホルモンの分泌と生合成甲状腺ホルモンの作用基礎代謝亢進β受容体の増加TSH分泌抑制まとめ 勉強のポイント 甲状腺の範囲は国試でも必須です。一見、病態やホ ...

バセドウ病 橋本病 病態 

内分泌系疾患 ホルモン系疾患

バセドウ病を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contentsバセドウ病とは??検査治療 バセドウ病とは?? バセドウ病は甲状腺機能亢進症の一つです。 自己免疫疾患で 抗TSH受容体抗体 甲状腺刺激抗体 が甲状腺を常に刺激する事で負のフィードバッ ...

バセドウ病 橋本病 病態 

内分泌系疾患 ホルモン系疾患

甲状腺機能低下症(橋本病とクレチン症)を解説【薬剤師国家試験】

  Contents甲状腺機能低下症とは??橋本病とは??クレチン症とは??検査治療 甲状腺機能低下症とは?? 甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌低下、作用不足により生じる病態です。 甲 ...

尿崩症 病態 図 国家試験 薬剤師

内分泌系疾患

尿崩症について分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contents勉強のポイント中枢性尿崩症腎性尿崩症二段階試験とは??中枢性、腎性の違いを整理しよう 勉強のポイント 尿崩症は中枢性、腎性に分けて、違いを理解しましょう。 またバソプレシンについても生 ...

緑内障 治療薬 薬理 画像

感覚器系の疾患 感覚器の薬

緑内障は眼房水の動きに注目!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents勉強のポイント緑内障の病態 開放型と閉鎖型の違いは??分類開放型閉鎖型治療薬ジピベフリンアプラクロニジンβ受容体遮断薬炭酸脱水素酵素阻害薬プラスタグランジ系ブナゾシンコリン作動薬浸透圧 ...

免疫系の疾患 炎症・アレルギーの薬

抗アレルギー薬:ポイントは効く場所からの適応疾患【薬剤師国家試験】

  動画でも解説しています。 Contentsアレルギー疾患(Ⅰ型)の勉強のポイントは3ステップアレルギーの発症方法機序で分類適応と機序の分類②抗ヒスタミン薬は蕁麻疹に適応あり①,③,④,⑤ ...

免疫系の疾患 炎症・アレルギーの薬

抗ヒスタミン薬を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

動画で10分ほどで解説しています。 Contents抗ヒスタミン薬の勉強のポイント第一世代で抗ヒスタミン作用の基本を学ぼう抗ヒスタミンの作用第一世代の薬第二世代は副作用減らして効果を追加!第二世代の2 ...

免疫系の疾患

全身性エリテマトーデスは3型アレルギー!【薬剤師国家試験】

Contents全身性エリテマトーデス(SLE)とは??症状検査治療 全身性エリテマトーデス(SLE)とは?? 全身性エリトマトーデス(SLE)は原因が不明の臓器非特異的な自己免疫性疾患です。疫学的に ...

ボタン穴 リウマチ 病態 国家試験

免疫系の疾患

リウマチの病態をわかりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contentsリウマチってどんな病気??症状は??検査は??炎症所見生化学検査リウマトイド因子抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体マトリックスメタロプロテアーゼ3(MMP-3)補体価 リウマチっ ...

がんの病態 血液の癌

血液のがん:多発性骨髄腫と悪性リンパ【薬剤師国家試験】

血液のがんの勉強法:まずは問題ケ所の見きわめを! 血液は体中にありますが、血液の癌はどこに問題が起きているのかを見極めましょう。 今回扱う悪性リンパ腫と多発性骨髄腫は、血液細胞が出来上がる前の部分でが ...

がんの病態 血液の癌

血液のがん:白血病の全体像。分類して比較!【薬剤師国家試験】

Contents白血病はどこがダメなの?分類のイメージまずは大きく分類急性と慢性のイメージが超重要!検査と分類急性 or 慢性は 芽球の割合で決まる白血病裂孔もチェック骨髄性かリンパ性か白血病の各論 ...

がんの病態 血液の癌

成人T細胞白血病 ATLは実は悪性リンパ腫【薬剤師国家試験】

Contentsがん化する場所原因はウイルス症状診断薬 がん化する場所 成人T細胞白血病はここでは白血病として扱ってますが、どうやら実は悪性リンパ腫(非ホジキンのT細胞型)の特殊型らしいです。まぁそん ...

がんの病態 血液の癌

慢性白血病は慢性期を長引かせたい!【薬剤師国家試験】

この記事では慢性白血病の各論について見ていきます。 白血病の概要はこちらをご覧ください。↓ マインドマップ薬学血液のがん:白血病の全体像。分類して比較!【薬剤師国家試験】https://yakugak ...

薬剤師国家試験 前立腺がん 病態 薬物治療 クロルマジノン フルタミド リュープロレリン

がんの病態

前立腺がんは前立腺肥大症と比較して理解!【薬剤師国家試験対策】

こんな疑問にお答えします。   この記事では前立腺肥大症と比較しながら病態を解説します。 記事を読み終えれば、前立腺がんがきっと得意分野になるはずですよ!   Contents前立 ...

炎症・アレルギーの薬

免疫抑制薬は大きく分けて3つ!分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

という方は多いはず。 私も国家試験の勉強中はなんとなく毛嫌いしてました。 しかし、まとめてみると以外にさっぱりしてます。 タイトル通り大きく分けて3つです。(最後はその他にくくっているのはご勘弁) 核 ...

血液の癌

急性白血病治療の基本は寛解導入療法の薬を覚えるだけ。

  Contents急性白血病の勉強方法治療のゴール:骨髄性、リンパ性ともに完全寛解が続くこと急性骨髄性白血病の治療寛解導入療法M3:急性前骨髄球性白血病急性リンパ性白血病最後に 急性白血病 ...

貧血

鉄欠乏性貧血:赤血球≒カスカスなジャンボシュークリーム?

Contents勉強のポイント鉄代謝と検査値そもそも貧血とは鉄欠乏の指標鉄代謝指標結果赤血球恒数治療治療薬は2価の鉄剤 勉強のポイント 鉄欠乏性貧血は、ヘモグロビンを作る材料のヘム鉄が不足して起こる貧 ...

貧血

再生不良性貧血を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contents再生不良性貧血の勉強法再生不良性貧血とは検査値の変動治療軽症中等症重症骨髄移植免疫抑制療法支持療法 再生不良性貧血の勉強法 原因での分類分けはあまり薬剤師国家試験には出ではないので、さ ...

悪性貧血 薬剤師国家試験 薬理 病態

貧血

悪性貧血はビタミンB₁₂を吸収できない疾患【薬剤師国家試験対策】

Contents悪性貧血の原因と治療症状検査 悪性貧血の原因と治療 悪性貧血は、ビタミンB12の欠乏によって起こる巨赤芽球貧血の一つです。 巨赤芽球貧血とは、ビタミンB12や葉酸の不足によって、赤血球 ...

貧血

溶血性貧血の原因から治療薬まで分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

Contents溶血性貧血の概要と勉強のポイント赤血球の破壊の流れとヘモグロビンの再利用前半戦:赤血球の破壊後半戦:赤血球の中身と検査値の変化 溶血性貧血の概要と勉強のポイント 溶血性貧血の種類はたく ...

貧血 マインドマップ 薬剤師国家試験 まとめ

貧血

貧血の全体像を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contents貧血の勉強の方法再生不良性貧血腎性貧血巨赤芽球貧血鉄欠乏性貧血溶血性貧血 貧血の勉強の方法 貧血の全体像と各貧血の特徴をまとめています。 貧血を勉強する時は、 造血の流れの障害箇所を意 ...

ホルモン系疾患

褐色細胞腫の病態を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contents褐色細胞腫とは??症状は?検査は??治療法は?? 褐色細胞腫とは?? 褐色細胞腫とは副腎髄質に腫瘍ができて、カテコールアミンの分泌が過剰となり 高血圧 高血糖 などを引き起こす病態です ...

no image

ホルモン系疾患

クッシング症候群をホルモンの動きから解説【薬剤師国家試験】

Contentsクッシング症候群とは??クッシング病異所性ACTH症候群副腎皮質腺腫クッシング症候群の症状検査高用量デキサメタゾン抑制試験メチラポン投与治療 クッシング症候群とは?? クッシング症候群 ...

薬剤師国家試験 2次性甲状腺機能亢進症 シナカルセト エボカルセト Ca

ホルモン系疾患

副甲状腺機能亢進症を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

  この記事では腎不全からの発生機序と症状、使用する薬を説明します。 薬は対処療法で色々な薬が使用されますが、副甲状腺ホルモン自体に作用するのはシナカルセトと、エボカルセトの2つだけです。 ...

no image

ホルモン系の薬

副腎皮質ホルモンの機能と生合成を簡単に解説【薬剤師国家試験】

Contentsまずは構造とホルモンをざっくり理解しよう糖質コルチコイドステロイドの生合成抗副腎皮質ホルモン阻害薬アルドステロン拮抗薬合成阻害薬構造 まずは構造とホルモンをざっくり理解しよう 副腎皮質 ...

ホルモン系の薬

男性ホルモン薬は実は簡単。種類ごとにゴロで整理!【薬剤師国家試験】

そんな悩みを解決します。   男性ホルモン関連薬は数が多くなく、しっかり分類わけして整理すれば難しくありませんよ!   この記事では、男性ホルモンをマインドマップとゴロを活用してわ ...

ホルモン系の薬

女性ホルモンと薬の全体像を分かりやすく解説【薬剤師国家試験】

女性ホルモンは 卵胞ホルモン 黄体ホルモン に分けられます。 それぞれの作用と特徴を抑えましょう。 Contents卵胞ホルモン抗エストロゲン薬受容体遮断薬SERM合成阻害薬黄体ホルモン避妊薬 卵胞ホ ...

抗がん剤

抗がん剤 ~アルキル化剤、植物アルカロイド、アントラサイクリン系、白金製剤~

  抗がん剤は種類が多いので、分類ごとに整理して覚えましょう。 アルキル化剤 植物アルカロイド 抗生物質 白金製剤 をこのページではまとめます。 Contentsアルキル化剤植物アルカロイド ...

抗がん剤

代謝拮抗薬を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】~核酸類似薬、核酸合成阻害薬、葉酸類似薬、シタラビン類~

代謝拮抗薬は 核酸類似薬 核酸合成阻害薬 葉酸類似薬 シタラビン類 に分けてまとめます。 がん細胞の増殖を抑制するため、細胞周期のS期(DNA合成期)に作用するものが多いのが特徴です。 Content ...

抗がん剤

分子標的薬の全体像を分かりやすく解説【薬剤師国家試験対策】

Contents分子標的薬名前から何抗体か判断しようモノクローナル抗体トラスツズマブリツキシマブベバシズマブセツキシマブパニツムマブゲムツズマブオゾガマイシンプロテアソーム阻害薬チロシンキナーゼ阻害薬 ...

© 2021 マインドマップ薬学 Powered by AFFINGER5