男性ホルモンはゴロで覚えよう!

   

男性ホルモン薬の勉強のポイント

男性ホルモンはまず作動薬と拮抗薬に分けて学びましょう。

それぞれの薬はゴロで覚えてしまいましょう。

男性ホルモン薬の作用は生物の範囲とも重複しているので生物とセットで学びましょう。

 

男性ホルモン作動薬

男性ホルモン作動薬は

 テストなんてやめて

  • テスト:テストステロン、メチルテストステロン
  • なんて:ナンドロロンデカン酸エステル
  • めて:メテノロン

で覚えましょう。

 

テストステロンは男性ホルモンです。

メチルステロンやその他の”名前の中にテストステロンが入るもの”は合成男性ホルモンです。メチルテストステロは肝臓で分解されにくいので経口で有効という特徴があります。

 

ナンドロロンメテノロンタンパク質同化ホルモンで、合成ステロイドです。テストステロンの男性化作用を弱めてタンパク同化作用を強めたものです。

 

男性ホルモン薬の特徴的な作用は

  • 男性化作用
  • タンパク同化作用

です。

男性化作用とは

  • 精子形成の促進
  • 男性副性器の発育と機能維持
  • 男性第2次成徴の促進

を指します。

精子形成の促進は生物でも問われるので整理しましょう。

 簡単に流れを図にしました。

テストステロンは間質細胞(ライディッヒ細胞)で作られます。テストステロンは卵胞刺激ホルモン(FSH)と協同して働くことで精細管で精子を形成します。

 

副作用には男性化作用があります。

前立腺がんなどのアンドロゲン依存性の疾患には禁忌です。

 

抗男性ホルモン薬

 抗男性ホルモン薬は

民を捨てない

  • たみ:~タミド
  • 捨てない:非ステロイド性

 

黒びか古田は前から男嫌い

  • くろ:クロルマジノン
  • びか:ビカルタミド
  • 古田:フルタミド
  • 前:前立腺がん
  • 男嫌い:抗アンドロゲン

作用機序はアンドロゲン受容体でアンドロゲンと拮抗します。

クロルマジノンは前立腺がんの他にも前立腺肥大症にも適応があります。

 

ごろには入らなかった

フィナステリド、デュタステリド(~ステリド)も頻出です。

5α-還元酵素を阻害することでテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を阻害します。

  • フィナステリド:Ⅱ型選択的 適応は男性型脱毛症
  • デュタステリド:非選択的  適応は前立腺肥大症

という違いがあります。

 

  ________________________
2019/11更新:薬理分野70枚と病態分野70枚のマインドマップをそれぞれ1つのPDFにまとめました。
知識の最終チェックにお役立て下さい。
スマホやタブレットなどに入れられるので、国試本番や移動中にも使いやすいです。
https://note.mu/yakugaku_gokakuのURLからダウンロード可能です。

 - ホルモン系の薬