溶血性貧血は、紫斑病の赤血球バージョンです!

      2019/11/12

溶血性貧血 薬剤師国家試験 まとめ

溶血性貧血のマインドマップ 薬剤師国家試験 coombsテスト

溶血性貧血の概要と勉強のポイント

溶血性貧血の種類はたくさんありますが、薬剤師国家試験に出題されやすい溶血性貧血は、自己免疫性溶血性貧血のみです。

赤血球に自己抗体が付き、脾臓で破壊されてしまいます。なので治療は、血小板に自己抗体がつく紫斑病と同じです。

自己免疫性溶血性貧血は検査項目が多いですが、出題されやすいのはここだけなので、頑張って覚えましょう。

赤血球の破壊の流れとヘモグロビンの再利用

溶血性貧血 ハプトグロビン 黄疸 ビリルビン 抗赤血球血栓

少し複雑なので、前半と後半に分けて考えてみます。

  • 前半:赤血球の破壊の流れ
  • 後半:赤血球の中身が流出→検査値

前半戦:赤血球の破壊

破壊の流れは、

  1. 赤血球に抗赤血球抗体がくっつき、脾臓に運ばれる
    Coombsテスト(クームス試験陽性)→抗赤血球抗体が存在する
  2. 脾臓でマクロファージに貪食され中身は流出→後半戦へ
  3. 赤血球が減るので、体が赤血球を増やそうと網状赤血球(赤ちゃん細胞)を増やす

後半戦:赤血球の中身と検査値の変化

赤血球が崩壊するので、中身が血中に放出されます。

  • 赤血球に含まれるAST、LDHが血中へ→AST↑、LDH↑
  • 中身のヘモグロビンは
    • 複合体「Hb+ハプトグロビン」をつくり肝臓へ回収
      →ハプトグロビンは運搬で消費され減る↓
    • 回収されたHbは分解→ビリルビン+鉄
      ビリルビン↑で黄疸の症状、鉄は再利用
  ________________________
2019/11更新:薬理分野70枚と病態分野70枚のマインドマップをそれぞれ1つのPDFにまとめました。
https://note.mu/yakugaku_gokakuのURLからダウンロード可能です。

 - 貧血