抗不安薬

      2019/11/03

精神疾患治療薬 抗不安薬 うつ

抗不安薬は簡単です。

不安がいっぱいな状態では、セロトニン神経が活発になっているので、

脳全体を沈静化させるBZの系か、

5-HT1刺激薬のタンドスピロンを使います。

 

セロトニン受容体は中枢系以外にも消化器系などにも出てきます。

どのサブタイプを刺激or遮断するのか覚えるのは大変だと思いますが、コツがあります。 世の中に出回っている薬は

サブタイプ 5-HT1 5-HT2 5-HT3 5-HT4
薬の作用 刺激 遮断 遮断 刺激

となっているので、順番で

ししゃしゃし」と連呼して唱えて覚えましょう。

そうすると、選択肢に「この薬は5-HT2を刺激する」と出ただけで✘を付けられます。

 

抗不安薬は以上です。

他の精神疾患治療薬は以下のリンクを御覧ください。

  ________________________
2019/11更新:薬理分野70枚と病態分野70枚のマインドマップをそれぞれ1つのPDFにまとめました。
知識の最終チェックにお役立て下さい。
スマホやタブレットなどに入れられるので、国試本番や移動中にも使いやすいです。
https://note.mu/yakugaku_gokakuのURLからダウンロード可能です。

 - 精神疾患の薬