月別アーカイブ:2018年04月

片頭痛の発生機序

神経・筋の疾患 末梢神経 中枢神経

片頭痛

2020/6/21  

はじめに 片頭痛は成人の8%が罹患し、女性はに多い疾患です。 片頭痛を勉強する上で抑えておくべきポイントは2つ。 片頭痛の発生機序と誘発因子 予防、前兆期、急性期に使う薬 です。 片頭痛の発生機序と誘 ...

モルヒネ作用点

中枢神経

オピオイド系鎮痛薬

2020/6/21  

麻薬?非麻薬? 今回はオピオイド系の鎮痛薬について説明していきます。 青本など国家試験の参考書を見ていくと、麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮痛薬に分類されているのですが、 私が最初に勉強した時、 「両方ともオ ...

no image

精神疾患の薬

抗不安薬

2020/6/21  

抗不安薬は簡単です。 不安がいっぱいな状態では、セロトニン神経が活発になっているので、 脳全体を沈静化させるBZの系か、 5-HT1刺激薬のタンドスピロンを使います。   セロトニン受容体は ...

精神疾患の薬 精神疾患

うつ病(気分障害)

2020/6/21  

病態   うつ病の原因は、はっきりと解明されていません。 現在、原因として挙げられている2つの仮説があります。 ①セロトニン(5-HT)やノルアドレナリン(NAd)といったモノアミンが少ない ...

統合失調症GIF

精神疾患の薬 精神疾患

統合失調症

2020/6/21  

概要 統合失調症の主要な原因と薬を説明します。<詳しく> 健常者の脳では、ドパミンとコリンはバランスを取っています。 しかし統合失調症ではドパミン神経が活発になり、バランスが崩れている状態です。 そこ ...

no image

まとめページ 中枢神経

中枢神経系疾患まとめ

2020/6/21  

てんかん、パーキンソン病、アルツハイマーがこの分類に含まれます。 精神疾患は症状からアプローチするのに対し、 中枢神経系疾患は神経学から発展しました。   てんかん マインドマップ薬学てんか ...

アルツハイマーの病態

神経・筋の疾患 中枢神経

アルツハイマー

2020/6/21  

勉強のポイント アルツハイマーは、原因がはっきりとわかっている病気ではありません。 そのため、薬も対処療法です。 病態は病態、薬理は薬理で勉強していくといいでしょう。   病態 脳全体が萎縮 ...

パーキンソン原因

神経・筋の疾患 中枢神経

パーキンソン病

2020/6/21  

  勉強の順序は、病態理解→作用機序で! 病態を理解すると、病態と症状や薬の狙いが結び付けられます。   病態(パーキンソン病の原因) 健康時、 ①中脳にある黒質からドパミンが産生 ...

ベンゾジアゼピン系薬の機序

中枢神経

催眠薬

2020/6/21  

催眠薬の基本はベンゾジアゼピン(BZ)系で学べ 催眠薬を勉強する時、ベースになる薬がベンゾジアゼピン(BZ)系です。BZ系の作用機序や副作用と比べて違うところを見ていくことで、他系統の薬の特徴がわかり ...

てんかんの作用機序

中枢神経

てんかんはこの図がかければ終了です!

2020/6/21  

図で覚えるのがキモ! 私が勉強を始めた頃、てんかん薬ってわかりづらいなぁと感じていました。 それは、 規則性がない薬名 作用機序がいろいろ 適応のある発作の種類との対応関係 を覚えないといけないため、 ...

© 2020 マインドマップ薬学 Powered by AFFINGER5